1年間で100万円の節約貯金術

私は専業主婦で、主人と子供の3人暮らしですが節約術で100万円貯めました。私の節約術は、お金を色々な所に貯金する事です。まず、給料日にお金を引き落とす時に、何にどれだけのお金を貯金するのかを記載しておきます。

例えば、冠婚葬祭用5000円、子供の教育費用5000円、その他5000円と決めたなら、15000円を引き落としその日のうちに銀行に預けに行きます。そして預けたのち、必要な時以外その貯金通帳には手を出さない事です。これを毎月続けていれば、1年で各々6万ずつの貯金が可能になりますし、必要な時にだけお金を引き出すことで無駄なお金を使うことが無くなります。

もう一つお勧めしたい節約術が1週間1万円生活です。1日~7日、8日~14日…と1週間ごとに1万円を目安に食事や予定を立てていきます。この計算で行きますと、1か月4万円で生活が出来ます。とは言うものの、正直なところ1週間1万円では生活が厳しいので、私は給料日に生活費として手元に5万円引き落とすようにしています。

後は主人のボーナスも必要な金額だけ降ろし、残りはすべて貯金に回しています。地道ではありますが、この毎月の積み重ねが100万円の貯金に繋がりました。

節約とキャッシュレスの影響

キャッシュレスと節約は直接は影響もないように思います。

なぜならキャッシュつまり現金であろうと、電子マネーやクレジットカードなどキャッシュレスで払うにしてもどちらが節約になるかというのは使い方次第ということで意味がないからです。

厳密にいえばクレジットカードを使えばポイント還元があるから節約にはなるという意見もありますが、年会費も必要なクレジットカードもありますし、ポイントのために不要なものを買ってしまうという可能性もあります。

それよりもその利用時の手続きや手順の違いでキャッシュレスの方が便利だからこそ、お金を使ってしまうという影響があるのではないかと思います。

現金なら、今持っている現金を財布から出して、支払えば無くなっていくというプロセスがあります。

お金が目の前からなくなっていくという経験は本当に減っているのが実感できます。

キャッシュレスだと電子上のやりとりなのでお金が減っているという実感がなく節約意識が高まるりにくいのではと思います。

電子マネーにしてもクレジットカードにしても後でまとめてお金が減っているのを確認できますが、時すでに遅く使いすぎたということもあります。

そういう意味では節約意識を持つためには現金派の方がいいのではないかと思っています。

食費節約法

我が家の食費節約法についてお話します。

今年の頭に引っ越したのですが、その引っ越した家の業務スーパーにあります。

この業務スーパー、かなり使えます。業務スーパーは元々業務用ですが、一般の客も利用してます。

業務用だけに内容量がとても多くしかも値段も安価です。食材が特に豊富で私の節約術は冷凍野菜の活用です。

業務用なので1袋500gの内容量、カットタイプなので、すぐに使えて着る手間がありません。産地はほとんどが中国などの外国産。

価格はどれも200円前後。特に我が家では中華野菜ミックスを使います。

中華料理はもちろん簡単野菜炒めを作る時に重宝します。冷凍なので保存も効きます。

冷凍の里芋なども200円くらいで売られていて皮もちゃんと剥かれていて、解凍すれば芋の煮っ転がしなどすぐに料理できます。

カレーなどを作る時は皮むきジャガイモも使えます。これも1袋200円程度です。

枝豆なども驚異のコスパです。500あたり150円くらいだったと思います。

ビールや酒のつまみには持って来いです。

業務スーパー食材だけでなく調理用のソースや調味料も売っています。

おとなの麻婆豆腐の素3袋入りは200円くらいです。1個60円ほど。

レトルトのおとなの大盛カレーなどは1袋5個入りで275円です。1個55円。

これらを使うとかなりの節約になります。

業務スーパーはコスパ、保存、種類など総合的な面で節約には最高の店だと思います。

貯めたいお金はない品と策する

ぼくはこれまで、積み重ねが不向きでこれまで大きなプライスを積み重ねできたことはありませんでした。
積み重ねをしたいと思うたび、WEBや読み物などで良い積み重ねの方策を探し出し、
何だかんだ試してみましたが、途中で頭折れてしまい、継続して積み重ねをすることが
できませんでした。
しかし、どうにか自分にあったテクを見つけ、積み重ねをすこしずつできるようになってきました。
その方法は、月給が入ったら積み増したい額を別財布に移し、使えない状態にするという
テクだ。
積み重ね講じる収入を移した財布の通帳やキャッシュカードは、実家に保管し、持ち歩かないようにする。
そして、自由に呼び起こすことができる通帳の当事者の収入で一月やりくりするというテクだ。
これまではおんなじ財布の中で積み重ねしようとしていたのですが、ちょっと収入に困ったときに
原則引き出してしまい、賢く積み重ねできませんでした。
しかし、この方法をするようになってから、わざと別財布から呼び覚ますという手間もあり、
ツボを垂らしなくなりました。
やはり、自由に使える収入は減っているので、いつもの収入の用法も変えました。
お昼ごはんは弁当を持参するということと、オート提供機でドリンクは買わず、
究極で大きなペットボトルを購入し、法人にはそのドリンクを持ち歩くことにして
現に取り扱う収入も削減しました。
あんまり続いている。
もちろん最初は根気も必要ですが慣れれば決して苦ではないので、これを
継続していきたいだ。

お昼に家にいないときなどの電気代の節約術

お仕事などでお昼に電気を使わない、夜に主に電力を使うような状況である時には、色々な方法によって電気代を節約することができます。

まずは、電気料金について時間帯割引を利用するといいでしょう。

時間帯割引を利用することによって、夜に使用する電気を安いようにすることによって電気代をうまく節約できるようにするといいでしょう。

こまめに電気をいじらなくても自動的に電気代が安くなるのもいいですよね。

もし、これに余裕があれば蓄電池なども購入して安い時間帯の電力を蓄えておくことによって、他に電力を分散できれば、更に電気代を安くできる可能性もあります。

また、お昼にいないときには待機電力が不要なものについてはどんどんコンセントを抜いたりしておくといいでしょう。

待機電力というのはそれだけでもかなり電気消費をしますので、こういったところをしっかりと電気を切っておくことによって節約がしっかりとできます。

 

あとは、昼間にちょっとしたソーラー発電ができるようなものを利用して充電が必要なものなどの電力を節約してみるのもいいでしょう。

ちょっとした工夫でかなり大きなレベルで電気代が大幅に節約できますので、大いに参考にしてください。

何から何までやれることはやってみよう!

うちではまずお風呂の残り湯で洗濯をするようにしています。前まではしていなかったのですが、最近特に家計が厳しくなってきたので試し始めました。最近台風や雨の影響などで野菜が高いことが多くなってきましたが、うちではサラダなどに使うキャベツや人参などの野菜はカット野菜を買うようにして、それ以外に使う用のほうれん草や小松菜などは安い時に買っておいて茹でたものを小分けにして冷凍したりしてうまく使い分けをしています。

冷凍の野菜なども値段がそんなに変動する事もないので、インゲンや里芋などは冷凍の食材をうまく使っています。豆苗は最初に使う時に全て切り落として、それを水につけておくともう一度生えてきます。一度買うと2回分使えるのでお得です。

よく見ると豆苗のパッケージのビニール袋に書いてあったのですが今までは気付かずに捨てていたのでもったいなかったなと思いました。お皿を洗うのも、毎回毎回ちょこちょこ洗うと水道代がかかるので、ある程度まとめて洗っています。

お湯で洗うときはお風呂を沸かしている時など給湯器を使うのもまとめてやっています。待機電力を無くすためにこまめにコンセントを抜いたり、歩いて行けるところは車を使わず歩いていくなど色々気をつけています。

ラインを使ってクーポンをゲットしよう

以前までは、スーパーや飲食店のお得情報やクーポンをゲットするためには、お店のメール会員になったり、新聞のチラシを利用していた方が多いと思います。
今は、新聞を購読していない家庭も多いし、メールは迷惑メール対策をしている方が多いので、受信する為の動作が面倒くさいという方が増えてきています。

今や連絡手段といえば、LINEが主流です。
どのお店も、LINEをしているところが多く、このLINEを使って、新商品情報・クーポンなどのお得情報を発信されています。

利用する側も、簡単にお友達登録ができるのでとても便利です。

まず、お店側がお友達数を増やすために、「お友達追加すると、○○プレゼントします!」等の、新規登録キャンペーンなどを行っているときがあります。
せっかくお友達になるなら、何もないときよりも、プレゼントがもらえるときがお得です。

今後、利用するお店であれば、キャンペーン時に追加することをおススメします。

スーパーなどでは、チラシの画像がアップされたり、お得な日の前日に情報を教えてくれたりと、家計を預かる主婦には、とても助かる情報を発信してくれます。
わざわざ、自分から情報を集めに行かなくても、自動で情報が入ってくるんです。

これからは、LINEを使って上手に節約していきましょう!

クラウドソーシングで稼いだ分だけで生活する

現在私が取り組んでいることですが、クラウドソーシングなどで得られる収入だけで生活をできるのかということです。

家賃や光熱費といった大きなものは別として日々の食事で使うお金や日用品等の雑貨を購入するのはクラウドで稼いだお金を充てるようにしています。

この場合はレシートなどで支出を把握する必要があるのでもらうか、もらわないならばスマホ等のメモ機能で把握するようにします。

もちろんクラウドでどれくらい稼げるかは人によって異なると思いますが、クラウドで稼いだお金でなければ使えないというような制約を設けることで無駄な支出を減らすことができました。

まだまだ急な交際費や衝動買いしてしまうことがあるのですべてを賄えていませんが、クラウドだけですべてが可能になったら本業で稼いだお金がすべて貯蓄にまわせることになるのでクラウドで日々実績を重ねています。

案件によっては数円のものもあり、果てしなく感じますが、ちょっとしたタスクなどであれば即日で料金が発生しますし、普段ならやらないような案件にも興味がもてるので自分のためになるとも思っています。

知識なども案件によっては身につけることができますし、一石二鳥が三鳥になってくれたら最高ですね。

23年代大人1時期目の省エネルギー法

私は手取り約15万の、OLだ。依然1世代瞳でマイホーム建物ですが、
預貯金がホビーで1世代で100万は貯めようともくろんでいます。
そんな私の節電・預貯金テクニックを紹介します。

①真昼はお弁当を作って出向く
毎日の真昼料金としてコンビニで約500円を使い果たすとして、それが月曜から金曜の5日間も続けば、1週間で約2500円は食費として飛んでいきます。
月額は約3週ですので、毎日コンビニエンスストア飯が貫くと…食費だけでも愚者にならないのがわかりますよね。

②ネイルや美容院はポンパレ
ネイルは正価5000円~大きいエステで10000円はかかります。でも、私はネイルしてもらう瞬間、ずっと3000円客席で済みます。
なぜかというと、ポンパレで切符を購入しているからだ。
このサイトは新しくできたネイルサロンや美容院、食堂や宿屋などトラフィックに力を入れるモールのために、
正価の代金よりもうんと安くして切符を売ってくれているウェブなのです。
新しいと言っても随分出来栄えに厄介は無いですし、非常にお得です。

③ネットでサイドジョブ始める
私は薄給ということもあり、ネットでおお金程度の実入りを得ています。
私がネットで取る収入源を紹介します。
・「キューモニター」
アンケートを応じると視点が貰え、500視点から換金ができます。
1つのアンケートにつき、3~5ポイントです。今までで1500円は換金しました。

・「マクロミル」
産業最大のアンケートウェブだ。アンケートのボリューム・バリエーションともにたくさんあり、
サイズのいるアンケートを応えると良いもので100視点もらえたりするので
3か月あれば1000ポイントは到達します。

以外がわたしの節電・預貯金テクニックだ。

年賀状を出すのを辞めると節約になる

日本には、年が明けると年賀状を送り合う、という文化があります。

私も、子供の頃から行ってきた習慣だったため、何の疑問も持たずに続けてきました。

特に社会人になると、会社関係者や、取引先、顧客など、沢山の年賀状を送るようになりました。

それを、毎年面倒だなと感じながらも、12月の行事の一つとして受け入れ、費用と時間をかけて準備し、何とか1日に届くようにする、というような状態でした。

しかしある時、これってほとんど無駄な作業なのではないか、と考えるようになりました。

というのも、お互いにやり取りする年賀状は、定形的な絵柄に一文か二文程度の自筆のコメントを書き入れたような、ほとんどやり取りする意味もない年賀状がほとんどだったからです。

そんな年賀状をやり取りしていても、翌年以降はすぐに捨ててしまっていましたし、なんと無駄なやり取りだろう、と思うようになりました。

そこで、その年から思い切って、そういった意味のない年賀状のやり取りは一切中止し、本当に必要な人にだけ年賀状を出すようになりました。

そうすると、年末の忙しい時期に時間の余裕が生まれ、当然年賀状代も節約する事ができるようになりました。

結果として、無駄なやり取りをしていた人との関係が悪くなるようなこともなく、出すのを辞めてよかったと思っています。