節約・貯蓄するにはマイルールが必要

節約や貯蓄をするには自分なりにハッキリしたマイルールを作っておくことが大切です。曖昧に、明日から節約しようと頭で考えていても、中々実行に移せないのが人間です。自分の良いように考え自分を甘やかしてしまうのでは意味がないので、本気で節約や貯蓄をしたいならマイルールを決めるべきだと思います。

そのマイルールの作り方はなるべく具体的に作ると言うことです。ただ電気やガスを使わないようにする!と決めてもしっかりした効果が見られないのですぐに諦めてしまう人がほとんどです。使わない時はコンセントを抜いたり、テレビをつける時間を決めておいたり、炊飯器の保温機能を使わない、などしっかりと具体的に決めて、いつも目に入る場所にメモをしておくと効果的な節約生活ができます。

そして貯蓄は、苦手な人も多いと思います。苦手だと感じる理由は、全てを貯金しようとするからです。頑張ってなるべく多くのお金を貯金しようとして無理をしていると、長くは続きません。だから貯金する際は、毎月同じ額を貯金します。

そして貯金する額は収入の全てではなく、収入の中から自由に使っても良いお金を差し引いて、残ったお金をしっかり貯金します。この方法でより良い節約・貯蓄生活ができます。

ポイントサイトで主婦でも稼ぐことができる

現在1歳と3歳の子供2人の4人家族で、私自身は主婦をしています。元々仕事はしていたのですが、出産を期に主婦になりました。

今までは看護師として働いていたので、夜勤もしていましたし、収入に関しては特に不満はありませんでした。しかし、専業主婦になった今、食費や日常品に対する節約が必要不可欠となりました。

どうにか節約する術はないかと調べたところ、「ポイントサイト」で節約して稼ぐことが出来ると知り、早速始めてみることにしました。

ポイントサイトでは無料の会員登録したり、ゲームや記事を読むことでポイントが付き、それらが現金や、ネットショッピングする際のクーポンに替えることができるというものです。

それを知って以来、毎日ポイントサイトを開き、ゲームをしたり、無料会員登録をしたりして、今では日々のお菓子代を稼ぐことができるようになりました。また、友達を紹介することで自分にも利益がでるようなシステムになっているので、自分が稼げなくとも紹介した人がポイントを稼ぐと自分にも利益がでるようになっています。

その他にも余談になりますが、某王手スーパーの株主になり、買い物したうちの数%を還元してもらったり、ふるさと納税で所得税を抑えて、ふるさと納税品で食費をまかなったりしています。

メニューを決めずに買い物をすることで、食費の節約

わたしは生活費の中で特に食費を節約しています。結婚当初はメニューも決めず、よく買い物に行って無駄な物までたくさん買い、赤字になっていました。生活の事を考え、家賃の安い家へ引っ越しした事から節約生活が始まりました。駅が遠く、歩いていける範囲にスーパーがない所で、平日は旦那が仕事で車を使うため足がなく、買い物に簡単に行けない状況になりました。

しかし、そのおかげで、節約が順調に進むようになったのです。基本的に旦那が休みの日曜日だけ買い物に行き、一週間分をまとめて買います。その一週間分はメニューを決めずにスーパーに行き、その日安売りや値引きをしている商品を見つけながら、何となくメニューを考えます。調味料やお米など必需品はあらかじめ家に残っている物をチェックしておきます。そして、だいたい予算内で一週間分を購入し、計算上余れば、お菓子等も時々買うという感じです。

このように買い物をすると、安い物ばかりを買っているので、買える品数は多くなり、思っている以上に一週間分の食材を買うことができます。そして、必ず予算内で収まるので無駄な物を買って赤字になる事はないです。

一週間分をまとめて買うと、わたしの場合、次の週まで買い物に行けないので、買ったものでどうにかするしかありませんが、色々とメニューを考えたり、調べたりすると、どうにかなっています。

またメニューを考える楽しみもあり、安い食材であまり作ったことのない料理も作れたりするので、楽しく節約できています。

これで、我が家の赤字はなくなりました。

購入をする前にちょっと待って。

私は30代の男性です。

このくらいの年齢になってくると

何かとお金が必要になってきます。

お金を増やすことは難しいので

私はなるべくお金を使わない節約を心がけています。

しかし、必要な物は買わないといけません。

ならば、必要な物は少しでも

安く買うことを考えるしかありません。

なるべく安く買い物をするために私は

Sedroidというアプリを使っています。

ほとんどの商品にはバーコードが付いています。

その商品のバーコードをこのアプリで読み取ると

Amazonでの最安値がすぐに調べられます。

日用品のような値段の安い物には

あまり効果はありませんが

家電やおもちゃやDVDのような

少し値段がするものにはとても有効です。

当然ですが、ネットでの買い物は安くなることが多いです。

驚くほどの価格差があるときもあります。

このアプリの便利なところは

バーコードを読み取ったら最安値のページに

すぐにアクセスできるところです。

お店で見かけてアプリで調べて

Amazonの方が安ければその場で買えます。

手元に届くまでに時間がかかる以外は何も損はしません。

しかも、このアプリ自体も無料です。

毎回、買い物の前に値段を調べて買う。

これだけのことですが

これこそ節約の基本であり、即効性があると思います。

働かざるものは食うべからず!精神で貯金してます!

我が家…少し変わっています。

羨ましがられることが多いのですが…

82歳になる祖母がいます。

ゲートボールもして、畑仕事もしてとてもパワフルなのです。

最近、動きすぎて肩がいたいと言い出しました。

で…祖母が言った一言から始まりました。

「10分1000円で肩をマッサージしてくれ~」と…

もともとエステ勤務だったので肩のマッサージは出来ます。

10分1000円って…と思いましたが、始めてみることに…

終わったので1000円もらいました。

これが!以外に毎日続けると!結構たまるんですよ!

気がつくと16、000円たまっていました。

16回…肩のマッサージしていたんですね~

もし、毎日したら3万円は確実に貯まりますが年金生活している祖母から毎日します!とも言えません!

欲を出したら人間終わりだと思って、自分からは「肩もみましょか?」とかは言わないようにしています。

そして、なんだかんだでついに!4万円は貯まりました!

すごいぞ!おばーさん!

これが私のプチ貯蔵方法です。

ちなみに延長もあります。10分1000円延長出来ます。

すごい孫です…

エステの仕事が家族に役立つなんて思っても見なかったのですが

さすがに仕事でぐったりの時はマッサージも出来ません。

なので毎日はできず月に数回とかしかできない時もあるのですが、

おばあちゃん孝行です。

長生きしてほしいですがおかね貰う孫もどうなんでしょ…

ドコモから楽天モバイルにチェンジ&WiFi活用で毎月の通信費は0円!

 物価上昇や2019年には消費増税を控えていることもあって節約のために固定費を見直す中で、スマホの維持費がもったいないと思うようになりました。

 月々のデータ使用量が2GB前後の自分にとっては大容量で使用するドコモユーザーのための使用料金を毎月余分に支払ってあげているような気分がしていたのです。10年以上の長期間ドコモユーザーでしたが、dポイント制度が長期契約者にとっては改悪になったことも不満でした。

 そこで、思い切って格安スマホに切り替える検討を始めたのですがMVNOには多くの企業が参入しており、正直どこを選ぶか迷いに迷ったあげく「楽天モバイル」を選択しました。

 決め手は以下の4つでした。

  1)欲しかったArrows M03を一番安く入手できそうだったこと。

  2)購入時キャンペーンポイントが魅力だったこと。

  3)端末購入時に楽天ポイントを利用できること。

  4)購入後の利用料金も同じく楽天ポイントが利用できる。

  5)楽天のクレジットカードを持っていれば端末購入時に分割にしても手数料は無料。

 普段から楽天グループを利用しているので楽天ポイントの貯まりやすさは知っていましたし、これは相当節約できそうだと思いました。

 結果は正解でした。購入後、使用料金はまだ一度もキャッシュで支払ったことはありません。

 現在契約しているデータプランは、3.1GB、データSIM(SMSあり)です。最近銀行などのセキュリティ認証でスマホを推奨するところが増え、キャリアメールでないと少し不安が残ったため、ドコモはガラケーに切り替えて当面残すことにしました。

 データSIM契約なら使用期間の縛りがなく解約金が発生しませんし、SMS認証があればお小遣いサイトなどの認証は問題ありません。楽天モバイルの信用性が高まれば、楽天を通話SIMに切り替える予定です。

 ただ、楽天モバイルの利用料に普段の買い物ポイントを使ってしまうとポイントのお得感がなくなってしまうので、楽天特有のクリックポイントとお小遣いサイトで毎月1000~1500円分は楽天ポイントに交換するようにしたのです。楽天ポイントへのポイント交換は「CMサイト」や「ハピタス」ですることができます。楽天のクリックポイントは馬鹿にできません。楽天モバイルにすると楽天関連アプリを毎日起動したり、クリック、検索するだけで毎月数百ポイントが簡単に貯まります(これは購入するまで知りませんでした)。楽天のクレジットカードを持っていれば週末に必ず1回「楽天e-NAVI」をお訪れてクリックポイントを忘れず行うだけで、こちらも毎月数百ポイントが楽に貯まります。

 そんなこんなでスマホ料金0円生活満喫中です。

 WiFi環境も整備されつつあるので、ゲームとかであまり使用しない、しかも自宅周辺での利用が多い方には絶対おすすめの方法です。

貯蓄について本気になって考えてみた。

これまでは、給料をあるだけ使ってしまうようなお金の使い方をしていました。

足りない分はクレジットカードを使って補填するような使い方もしていましたので

次の月にそのクレジットカードの補填分の請求が加わって、足りない分をまたカードでを繰り返してしまい

現金を全く貯めることが出来ず、貯金ほぼゼロに近い状態でした。

実家暮らしで、家に一定金額を入れたら後は自由に使う事が出来るので

その状況に甘えてしまっている結果で、危機感を全く感じていませんでした。

今が良ければそれで良いという考えでした。

冠婚葬祭や突然の病気だったり退職で、急にお金が必要となるときがあると言う話を聞いてから

少しでも貯蓄しないといけない、そのためにはどうしたらいいのかを考えるようになりました。

給料をあるだけ使ってしまうというのが一番の原因だったので、給料から一定額を貯蓄用として

給料の口座とは別に貯蓄専用口座を開設する事にしました。

給料日に一定額を貯蓄用口座に入金し、残りのお金で生活をすることにしました。

最初は物欲に負けそうになり、貯蓄用口座に手をつけてしまったこともありましたが

続けていくと、残りの金額で生活できることが分かりました。

貯める分をあらかじめ引いておくやり方をすることによって、これしかないと思い込ませることができて

次第に貯蓄用口座には手をつけてはいけないという思いが強くなりました。

残った分を貯蓄に回すやり方より、最初から引いて残りでやりくりするやり方の方が

貯蓄できるようになると考えます。

また、浪費も減りました。これを我慢すれば貯蓄に回せると思うようになり

欲しいと言う本能だけで買い物するようなことが減りました。

本当に欲しい物か、必要な物かを考えてから買い物ができるようになりました。

貯蓄を少しずつできるようになってから、物を大切にしたり、ある物で活用できないかを考えるようになりました。

また、貯蓄できたという自信にもつながり、貯蓄したお金は冠婚葬祭の時に役に立ち、その時になって慌ててしまうことがなくなり。

生活にゆとりが生まれたように思います。

プロパンガスの家に住んでます。

私は家賃を節約するつもりで現在の借家に引っ越したのですが、引っ越した先はプロパンガスの家でした。

ここに引っ越してくるまで、ガスはガス管を通ってくるものだと思っていました。

私の家はめちゃくちゃ田舎ということもなく、普通の地域の普通のちょっとボロなお家です。

ちょっとボロな代わりに一軒家なのに家賃が安く、何より立地が気に入り、引っ越しました。

プロパンと気が付き、調べてみると料金が高いですね。実際使ってみてもやっぱり高いですね。ガスを契約している会社にもよるらしいですが、前の家のガス代の3倍程です。

しかも、プロパンガスに気付いて慌ててコンロをIHにしたのに、です。

節約の為に、浴槽に入れておけば電気でお湯を沸かせるという機械の購入も検討しましたが、その商品自体の価格も高く、お風呂が沸くまでにかなり時間がかかるという説明を見て諦めました。

しかし、現在はガス代を引っ越し当初より7割位に抑えています。

その方法は、まず夏場はシャワーのみ!これが1番節約になります。

冬はどうしても湯船が恋しいので、お風呂が沸いたら家族全員立て続けに入る!出来そうにないときだけ、お風呂を沸かすのを諦めます。

シンプルですが、それだけで結構節約になります。

あとは、少し家族に嫌がられますが、食器洗いをやらずにためる!です。すぐ落ちる汚れの物は水でさっと洗い、すぐ拭いて仕舞います。

油汚れや落ちにくい物は3日に1回位だけお湯を出し、一気に洗ってます。

ミニマリストのような生き方をすると貯まる

ミニマリストとは最小限者という意味です。必要最低限の物で暮らすことによって物のありがたみに気付き豊かな暮らしが出来るというものです。ただミニマリストになれ!という訳ではありません。貯蓄に対してたくさんの参考になる情報があるからです。その基本は欲しい物を買うのではなく、必要な物を買うです。まず、収入を増やせ!と言われてもそんな簡単に増やせるものではありません。それは会社やら他人やらに影響されて一個人で決めれるものではないからです。支出を減らせ!と言われれば一個人で我慢や冷静な判断によって減らすことは可能です。まず家賃です。家って広くないといけないのか?家って外見綺麗じゃないと住めないのか?そんなことありませんね。その家賃のせいで給料の何割かが毎月支払いされているのに気付くべきです。みんな節約というと財布に入っているお金、要するに目に見えるお金に毎日の出費に目がいきがちですが、まずは根本を見直すことです。固定費というものです。毎月必ず引き落とされるものに目を向けるべきなのです。家賃、携帯代、保険などです。これは固定費だから引き落とされた後のお金を節約しようとしますが、固定費を削れればその分の手元に残るお金も残る訳です。保険も一回入ったら入りっ放しではなく、年に一度見直した方がいいでしょう!一番の節約は固定費の改善!と物への執着心を捨てることだと思いまふ。

から、なかったと練り上げる

結婚してから、今でも続けている預金計画があります。
その預金計画とは、賃金やボーナスがあった事例、その金額の費消タックス当たりをなかった物品と考えて、預金始めるという計画だ。
例えば、賃金が20万円入ったならば、費消税率の8パーセントをかけた16000円をなかった物品と考えて預金行なう。20万円の賃金ですが、最初から184000円の賃金だったと考えて生活するのです。これは、アベック二人の賃金に対してする。
その他の金額、例えば婚礼祝いの軍資金も同様に税率当たりをかけた値段を貯金しています。
独身時代から、積み増しなければいけないと、胸中でわかっていても実行することができなかった自己ですが、この方法では積み重ねることができています。コツは、最初から無いと考えて生活することです。どの家庭でも、だいたいは決められた値段でやり繰りしているはずです。そのやり繰り始める値段を明確にしていれば、月々のやり繰りの計画も見えてきます。
そうなれば、後は自然とその値段でのやり繰りが通常になる。通常になれば、ジレンマを感じ取ることもなくありません。弊社アベックは二人で面白く生涯できています。
独身時代は、余った軍資金を預金決めるといったもくろみでしたが、預金はできませんでした。仮に、昔のボクと同じように、残る軍資金を預金しようと考えているけれど、ずいぶん思うようにいかないと思っている自分には、こういう最初から無いと考えて預金やる計画を試してみてほしいと思います。