私が節約する為にやってみたこと

結婚当初お金もさほどなく、主人も私もこれからお金を貯めていこうとする中で色々節約をしていました。特に主人は財布に入っている分はあった分だけ使ってしまう浪費家だったので、家計は私が握る事にしました。主人のお小遣いはとりあえず定額4万円にし、その中から主人が飲むお酒代をやりくりしてもらうことにしました。

元々たくさんお酒を飲む人で、ある分だけ飲んでしまうので健康面も考えてそのようにしました。その中には主人の携帯代も含めていましたし、外での飲み代も含んでいたので主人もあまり無駄遣いはできなかったとは思います。あと、子供が出来てからは、子供服とくに赤ちゃん時代のものは知り合いから譲り受けたものを中心に服を着せていました。

すぐに成長してサイズアウトしてしまうので、とりあえずもらえるというだけでありがたかったです。あとオムツは主に布オムツにしていたので、すべて紙おむつでやるよりは経済的だったかなと思っています。そしてゴミも少なくすんでよかったです。

あとは電気はこまめに消す、窓を二重窓に変えて冷暖房費の節約をする、外食は控えることぐらいでしょうか。あまり節約節約と頑張りすぎているとストレスがたまるので、今は適度にやっていくのがいいなと思ってやっています。

私の家族で力を合わせ行っている節約方法

私の家族では4年前から節約を行っています。節約の方法につきましては、私の家族では食費などでは節約する事に関しましては行いたくないとの意見もあり、電気代と水道代で節約を行っているのです。この方法としましては、子供たちにはそれぞれの部屋があるのですが、この部屋の使用を禁止しており電気代を節約しているのです。

これを行う事によって家族が一か所に集まり、電気を無駄なく利用できるのです。私の家族では電気代は1カ月5千円で何とかやりきる事を目標としていますのでそれを超えた場合に関しましては、子供のお小遣いを無しにし賄っているのです。この理由につきましては子供は良くテレビゲームをするのでそれを禁止する為にこの制度を取っています。

また、水道に関しましても蛇口を全開にする事も禁止していますし、お風呂に浸かった日に関しましてはそのお湯に関しましては、洗濯機に利用する事も義務づけておりますのでっそういった事に関しましても厳しく取り決めし節約を行っているのです。この事をきちんとやらす為にも家の中には、壁に張り紙なども行って一人一人が気を付けて行い、節約を行っております。現在でもきちんと節約されており今後も継続して行う事にしています。

冷凍による食費の節約

食費を無駄にしないためにも、葉物野菜から使い始めて、日持ちする食材を後から使います。

また、冷凍可能かどうかを随時チェックしています。

今まで冷凍ができて無駄にならないと思ったものは、ピザ用チーズ(開封後も冷蔵庫に入れたり、手で取り出しているとすぐにカビになります)、玉ねぎ(みじん切りと細切りと2種冷凍しています)、ニンニク(買ってきて皮をとって、冷凍します。薄皮は水でニンニクを洗うときにすぐに取れます)、えのき(買ってきて、すぐに切って冷凍します)、かぼちゃ、にんじん(日持ちするのですが、使いきれないこともあるので、小さく切ってとっておくとスープなどに入れられて便利です)、トマト(洗って水気を取って冷凍します)が便利です。

食材を捨てることはほとんどありません。

天気が悪くて買い物に行けない時など、冷凍食品と麺類やご飯があれば、どうにかチャーハンくらいは作れて便利です。

業務スーパーを有効活用して食費を節約しよう

節約をしよう、と決意して、考える項目の1つが食費です。

スーパーで食材を購入し自炊するのが王道ですが、食材も値上がり傾向でな上にスーパーによって売っているものや値段が違う…という思いをしている方も少なくないと思います。

そんな思いを解消してくれるのが「業務スーパー」です。

店舗数はチェーン店のスーパーに比べたら少ないですが、大容量で安い食材がたくさん売っているのです。

肉などの生鮮食品や乾物は勿論、冷凍食品の種類も豊富で買ってすぐに使える食品ばかりです。大容量のものを購入しても保存が長くできるのも節約をするにあたって魅力的だと思います。

冷凍食品も、カット野菜は500gで売られていて200円以下の物が多いです。惣菜品の冷凍食品も豊富な上に、揚げるだけで料理ができるので時間の節約にもなります。

更に、お菓子類も100円以下で売られているものが多くまとめ買いして自宅で食べるなり、レジャーの時に食べる等、あらゆるシーンで安く済みます。

私は業務スーパーに行くと、鶏肉や豚肉といった肉類を合計1Kg程購入します。帰宅して、買ったお肉をざっくりと小分けにして冷凍しておきます。

それから、冷凍の枝豆を購入し、食べたいときに自分で冷凍して食べています。コンビニで間食用の食品をちまちまと買うより、コストがかからないと思います。

夏場、素麺が8束で200円で売られているのを見たときは衝撃を覚えました。

安くて大容量のものをまとめ買いすることで、食費のコストを下げられる業務スーパー。上手く有効活用することで食費の節約につながると思います。

冷静な判断とこまめな整理でかしこくポイントゲット

お財布やかばんの中に入っているポイントカード。皆さんもお気に入りのお店だけでなく、「作っておけばいつか使うかも」といった理由で、ご自分で把握しているだけでも、かなりの枚数を持っていらっしゃるのではないでしょうか?

でもそのカードを有効活用している方は、意外と少ないようです。

ある情報番組で、街ゆく人にこういった質問を投げかけていました。「あなたはポイントカードを何枚持っていますか?」といった内容です。

するとお財布をさっと出して数えてはみたものの、いろんなポケットから出てきて、こんなにもあったのかと驚く人、かばんをごそごそと探しては、カードの端が切れている、いつ作ったのか分からないものを出す人などがいました。

これではせっかく頑張って集めたポイントが、なんだかかわいそうですよね。

そんな方には、文房具店や100円ショップなどで売られているカードケースをおすすめします。

今はいろんなタイプのカードケースが安価で売られていますので、用途に応じて使い分ける方法もあります。

例えば、おおまかに買い物へ行く地域ごとにポイントカードを区別しておけば、出かける場所によって持っていくカードケースをかばんに入れるだけで済みますよね。

いつもすべて持って出かけるのでは、変にかさばって探しにくいだけでなく、存在すら忘れて、ポイントがもらえるのに出し忘れてしまうかもしれません。

ポイントというのは思っている以上に家計を支えてくれます。賢く大切に、そして上手に利用すれば、もしかしたらのピンチにも強い味方となってくれるでしょう。

最後にポイントカードを作る時には、「本当に利用するのか」「カードの有効期限はどのくらいか」など、ただお店の方に流されて作ってしまうのではなく、その特徴も冷静に判断して作ることで、より自分に必要なカードが見えてくることかと思います。

皆さんも上手にポイントをためて、節約にもつなげて下さい。

LINEpayを使った節約術の紹介

一人暮らしをすると公共料金や日用品の購入などでお金を使わなければいけない場面が多くなりますよね。現金で払うのもよいですが、お得に支払いをしたいと思いませんか?

LINEを知っている方は多いと思いますが、LINEpayって知っていますか?私は最近まで知りませんでした。
プリペイドカードになっていてクレジットのように後から払うのではなく事前にお金を振り込んで、その金額内で支払いをします。
何がお得かというと支払いをするとLINEポイントというのが溜まり、しかも100円で2ポイント付くんです。
現金で支払いをするよりもこのカードで支払いをする方がポイントが溜まり、かつそのポイントを使ってお買い物ができます。
ポイントの使い道は色々あり、LINEスタンプにももちろん使用できますが、そのポイントをプリペイドカードへ移行する事もでき、さらに他のポイントへ交換する事もできます。
私はnanacoポイントへ交換をしています。通常クレジットなどで支払いができないものをコンビニで支払う際、現金でしか支払いができませんがnanacoカードは使用できます。
よって、nanacoポイントへ交換しそのポイントをさらにnanacoの現金として交換をする事で支払いを節約しています。
この方法はクレジットを持っていない方でも使用できる方法なのでぜひ試してみてほしいです。

リーマンショックのせいで必死の節約生活

リーマンショックで世界中が経済的に大混乱に陥った時、私の生活にも大きく影響があって必死の節約を強いられる事になりました。
私の仕事は固定給ではなく歩合制なので、このショックが直接給料に影響したのです。

兎にも角にも生活費の出費をどこかで抑えなけらばならなくなり、先ず思いついたのは煙草でした。
あの頃一箱いくらだったかは覚えていませんが、たしか一ヶ月1万円程度は煙草に使っていた様に思います。
1万円はなかなかの節約になるのですが、禁煙はかなり辛い事で決心がつきません。
そこでとりあえず減らす事から始めようと思い、どうやったら減らせるか考えました。
煙草を持ち歩かない事。これが私の出した答えでした。
会社のロッカーに掘り込んで、煙草を吸うのは会社に出社した時と、帰社した時だけと決めました。
だから外回りの仕事なので仕事中は禁煙で、帰宅してからも吸いません。
これで1日一箱20本が4本に激減しました。
しばらくの間は、仕事中に煙草の自動販売機の前で誘惑と戦う毎日でしたが、やがて慣れて来ると全く仕事中は煙草の事自体思い出さなくなってきました。
帰宅してからは、嫁に禁煙宣言した手前絶対に吸えません。
すると、長時間吸わずに会社で一服すると頭がくらっとする様になり、一度に吸うのが1本ではなく半分に減りました。
本当にケチ臭いですが、1本の煙草を2回に分けて吸うので1日2本まで本数が減る事となったのです。

1ヶ月で30箱が3箱になり、節約に成功しました。今では多少増えましたが、それでも数千円の節約効果が持続しています。

毎月の出費を細かくチェックして節約!

節約の方法を考えたときに、私はまず、1ヶ月の出費を細かく見ていきました。
あまりにもぎゅうぎゅうに節約しすぎると、現実的ではないし、急の出費のときに対応できませんので、現実的な節約ぶりを心がけて、かつぜいたくは絶対しない、というスタンスで1ヶ月間生活してみました。

そうして、食費、雑費などにどのくらいお金を使ったのか割り出しました。
翌月からは、それと同額の食費・雑費を給料から封筒に抜き出して、あとは貯蓄に回すようにしました。
また、光熱費は1年分を12で割って、平均月々これだけかかる、という金額を割り出しました。平均で考えないと、夏はエアコン代が高くつき、冬はガス代が高くつくのに、そのときそのとき場当たり的に対応していては、きとんとした貯蓄はままならないからです。また、どうしても臨時の出費というものが出てきます。

そのとき、そのときで、どんな臨時の出費が出たのか把握して(病院代や、パンクした自転車の修理代など)次回のボーナスで、だいたいこれくらいの臨時出費が出るだろうと予想される金額を「臨時出費代」として置いておくようにしました。
そうすると、月々急な出費があっても、慌てずに対応できます。出費の内訳は各家庭によって違うので、我が家の出費の傾向をきちんと把握することで、貯蓄は出来ると思います。

節約・貯蓄するにはマイルールが必要

節約や貯蓄をするには自分なりにハッキリしたマイルールを作っておくことが大切です。曖昧に、明日から節約しようと頭で考えていても、中々実行に移せないのが人間です。自分の良いように考え自分を甘やかしてしまうのでは意味がないので、本気で節約や貯蓄をしたいならマイルールを決めるべきだと思います。

そのマイルールの作り方はなるべく具体的に作ると言うことです。ただ電気やガスを使わないようにする!と決めてもしっかりした効果が見られないのですぐに諦めてしまう人がほとんどです。使わない時はコンセントを抜いたり、テレビをつける時間を決めておいたり、炊飯器の保温機能を使わない、などしっかりと具体的に決めて、いつも目に入る場所にメモをしておくと効果的な節約生活ができます。

そして貯蓄は、苦手な人も多いと思います。苦手だと感じる理由は、全てを貯金しようとするからです。頑張ってなるべく多くのお金を貯金しようとして無理をしていると、長くは続きません。だから貯金する際は、毎月同じ額を貯金します。

そして貯金する額は収入の全てではなく、収入の中から自由に使っても良いお金を差し引いて、残ったお金をしっかり貯金します。この方法でより良い節約・貯蓄生活ができます。

ポイントサイトで主婦でも稼ぐことができる

現在1歳と3歳の子供2人の4人家族で、私自身は主婦をしています。元々仕事はしていたのですが、出産を期に主婦になりました。

今までは看護師として働いていたので、夜勤もしていましたし、収入に関しては特に不満はありませんでした。しかし、専業主婦になった今、食費や日常品に対する節約が必要不可欠となりました。

どうにか節約する術はないかと調べたところ、「ポイントサイト」で節約して稼ぐことが出来ると知り、早速始めてみることにしました。

ポイントサイトでは無料の会員登録したり、ゲームや記事を読むことでポイントが付き、それらが現金や、ネットショッピングする際のクーポンに替えることができるというものです。

それを知って以来、毎日ポイントサイトを開き、ゲームをしたり、無料会員登録をしたりして、今では日々のお菓子代を稼ぐことができるようになりました。また、友達を紹介することで自分にも利益がでるようなシステムになっているので、自分が稼げなくとも紹介した人がポイントを稼ぐと自分にも利益がでるようになっています。

その他にも余談になりますが、某王手スーパーの株主になり、買い物したうちの数%を還元してもらったり、ふるさと納税で所得税を抑えて、ふるさと納税品で食費をまかなったりしています。