ミニマリストのような生き方をすると貯まる

ミニマリストとは最小限者という意味です。必要最低限の物で暮らすことによって物のありがたみに気付き豊かな暮らしが出来るというものです。ただミニマリストになれ!という訳ではありません。貯蓄に対してたくさんの参考になる情報があるからです。その基本は欲しい物を買うのではなく、必要な物を買うです。まず、収入を増やせ!と言われてもそんな簡単に増やせるものではありません。それは会社やら他人やらに影響されて一個人で決めれるものではないからです。支出を減らせ!と言われれば一個人で我慢や冷静な判断によって減らすことは可能です。まず家賃です。家って広くないといけないのか?家って外見綺麗じゃないと住めないのか?そんなことありませんね。その家賃のせいで給料の何割かが毎月支払いされているのに気付くべきです。みんな節約というと財布に入っているお金、要するに目に見えるお金に毎日の出費に目がいきがちですが、まずは根本を見直すことです。固定費というものです。毎月必ず引き落とされるものに目を向けるべきなのです。家賃、携帯代、保険などです。これは固定費だから引き落とされた後のお金を節約しようとしますが、固定費を削れればその分の手元に残るお金も残る訳です。保険も一回入ったら入りっ放しではなく、年に一度見直した方がいいでしょう!一番の節約は固定費の改善!と物への執着心を捨てることだと思いまふ。

から、なかったと練り上げる

結婚してから、今でも続けている預金計画があります。
その預金計画とは、賃金やボーナスがあった事例、その金額の費消タックス当たりをなかった物品と考えて、預金始めるという計画だ。
例えば、賃金が20万円入ったならば、費消税率の8パーセントをかけた16000円をなかった物品と考えて預金行なう。20万円の賃金ですが、最初から184000円の賃金だったと考えて生活するのです。これは、アベック二人の賃金に対してする。
その他の金額、例えば婚礼祝いの軍資金も同様に税率当たりをかけた値段を貯金しています。
独身時代から、積み増しなければいけないと、胸中でわかっていても実行することができなかった自己ですが、この方法では積み重ねることができています。コツは、最初から無いと考えて生活することです。どの家庭でも、だいたいは決められた値段でやり繰りしているはずです。そのやり繰り始める値段を明確にしていれば、月々のやり繰りの計画も見えてきます。
そうなれば、後は自然とその値段でのやり繰りが通常になる。通常になれば、ジレンマを感じ取ることもなくありません。弊社アベックは二人で面白く生涯できています。
独身時代は、余った軍資金を預金決めるといったもくろみでしたが、預金はできませんでした。仮に、昔のボクと同じように、残る軍資金を預金しようと考えているけれど、ずいぶん思うようにいかないと思っている自分には、こういう最初から無いと考えて預金やる計画を試してみてほしいと思います。

収納は無駄!収納は捨てて、節約しよう!

よく、収納名人がテレビに出てきて、収納の仕方のアドバイスをしてくれますが

私は、収納自体が無駄だと思っています。

大きい器があると、それをいっぱいにしてもよいという心理が働くものです。

収納や置くところがあるから、ものを買って、増えていって捨てられなくなるんだと目が鱗になった時があって

収納することを辞めて、1年以上つかわないものを捨てていくことにしました。

だから、私の家には、基本的に収納は、靴箱、食器棚、本棚、タオル入れしかありません。

家についているクローゼットはありますが、タンスなどは、全部捨てました。

収納がないので、買おうとおもっても、置くところがないので、買わなくなります。

洋服もこれを買っても、しまうところもないので、一枚買うと一枚捨てるため、激選の上買うので

衝動買いすることもないです。よく、考えて買う癖をつけると、自分を見つめ直すことができ、

自分の行動パターンがわかるので、買った後の使用頻度が想像で見えてくるので

商品を見ただけで、無駄かどうかがわかってきます。

これで、無駄なものを自然と買わなくなるので節約につながります。

ものがないので掃除もサクサクできるので、掃除機をかける電気代も節約できます。

収納を買うお金や収納に費やす時間も節約ができて、一石二鳥です。

貯蓄は個人年金保険がおすすめです。

結婚して子どもが産まれてから本格的に貯蓄について考え始めました。新居を購入する前までは毎月決まった額をしっかり銀行に預けて貯金ができていました。しかし新居購入後は貯金も減り、貯金も思うようにできていない状況でした。

そこでいつもお世話になっている保険会社へ貯蓄のことで相談したところ個人年金保険があることを教えてくださいました。貯蓄は銀行や郵便局でするもの、と今まで思っていましたが話を聞くと、個人年金保険が比較的利回りも良くとても人気があるそうです。

また個人年金保険は年末調整で税金が多少返ってくることもあり結果的によりお得かなと思います。子どものための積み立ては産まれてからすぐに始めましたし、次は私たち夫婦の老後のことも考えて積み立てをしないといけないと思っていたので個人年金保険を契約して貯蓄をすることにしました。

すぐにお金が必要になることもあるので銀行での預貯金は残しつつ、個人年金保険で確実に貯蓄をしていく。たくさん口座を持って分けて貯蓄をする人も多いですが、この2つのパターンで貯蓄をするのがおすすめですね。個人年金保険は一括払い、一年払い、月払いなど支払方法が選べるのも気に入っています。

自分に合った方法で節約、貯金をする

貯金をするためには収入を増やすか支出を減らすことしかありません。簡単にできそうなのが節約をすることですので、色々と試してみました。たくさんの節約情報があふれていますので、自分に合うものと合わないものがありました。何が何でも節約しなけれならないと思ってしまうと疲れてしまいます。

試してみて無理そうなものはやめました。家計を見直して、やりくり方法を自分のやりやすい方法に安定させることができたので、過度な節約をしなくても貯金をできています。私が合った方法は袋わけです。家計簿を細かくつけるのは性格上向いていないとわかったので、支出ごとに予算分けをして予算内でやりくりをするという方法です。

細かい家計簿はつけません。食費だけは一週間ごとにいくらと決めてその範囲内でやりくりをしています。すべてを一緒にしていたときと違って楽にやりくりができるようになりました。食材を買いに行くときにはその中のお金だけを持っていきます。レシートは帰ってチェックはしますが、家計簿に書いたりはしません。

一週間ごとに分けていますので、残金がすくなくなってきた買う量をセーブしたりもできます。費目ごとに余った分は予備費としておいておき、月末にすべて合わせて貯めておきます。その分を旅行費や外食費など家族で楽しむために使いますので、自然にやりくりを頑張って残しておこうという気持ちになれます。

時間の節約を一番重視しています。

貯蓄をしていくためには、収入を増やすか節約をすることが必要です。

私は少しずつでも貯蓄を増やしたいと思っていますが、現実はなかなか上手くいかないのが現状です。

その原因をいろいろと考えてみたのですが、やはり収入が思うように増えないことにあるような気がします。

節約ももちろんしていますが、それも限度があります。

私はどちらかというとギリギリにならないと動かないので、どうしてもいつもギリギリの結果になってしまいます。

早めに対策を取り、ゆとりのある生計を立てて行きたいと思っています。

その為にも計画を立てて実行するようにしているのですが、どうしても甘えが出てきてしまっているようです。

自分のために貯蓄を増やしていくには、やはり具体的な目標が必要かもしれません。

それをより明確にしていくことで、きちんと貯蓄をしていくことができると思います。

節約はすればキリがありませんが、時間がかかり過ぎる節約は時には不向きな場合があります。

時間制限のある中で節約を行う場合、節約するほうが結果的に得なのかどうかを、先を見越して考えた上で実行するようにしています。

節約の中でも時短が一番の節約になると思っています。

時間が増えればそれだけ収入を増やすこともでき、貯蓄も増えて行くと思います。

子育て主婦の頑張らない食費節約

子供がいる主婦にとって、子供の将来のための貯蓄は考えなければならないことです。

そのためにも、日々の節約への意識は非常に高いです。

とはいえ、固定費や日用品を削ることは難しく、

また削ったとしてもそれほど効果が望めないものもあり、

総合的に考えて、食費が一番大きな削りどころとなりました。

食費を節約すると言うと、

大事な栄養がとれないのでは?とは、

食事への満足度が下がって幸せを感じにくい、など

ネガティブなイメージを持たれるかもしれません。

よくよく考えてみると、

食費の中で外食と弁当やサンドイッチなど出来合いのものにかかる費用が、

結構高い事に気がつきます。

毎食食事を手作りすることは大変なので、

レジャーでお出かけをしたり体調が崩れたりした時に、

どうしてもそういったもので食事を済まさざるをえないこともあります。

ただ、食品添加物や塩分の撮りすぎなど体に良くないのも事実です。

家族の健康と節約を考えた時に、

外で買ってくる食事を少しでも減らしてなるべく手作りしようと決めました。

その代わりに、手間をかけないお料理と作り置きおかずレシピの

情報を一生懸命集めました。

毎日きちんとした食事を作ろうと思えば負担が大きいですが、

たまには丼やおそうめんと汁物でささっと澄ましてもいい、

できるだけ作ったもので胃袋を満たしてあげられたら節約にもなります。

お金を使う事を意識する事で、貯金に結びつきます。

預貯金をしようとして、効率よく預貯金するにはどの様な手法があるでしょうか。
わたしは預貯金の修練で、それほど知人からカットのワザを聞きました。
知人のお話は何かとカット手法があり、極めて興味深くお話を聞けました。

例えば食費のカットは、自炊がバックボーンだそうです。
例としては、自炊でみそ汁を大めにつくり、家人にみそ汁のおかわりを手広くしてもらう事で、食費を節約するとのポイントでした。
こういう食費カットは、なるほどと感心しました。

みそ汁をツールですくさんにすると、栄養バランスも良さそうです。
通知費は、スマホを利用するなら端末は欠ける等、通知費を節約する手法を聞けました。

美容費は、美容院がホームページで発行しておるバウチャーを利用してお得に利用するなど、私も簡単に出来そうだ。
そしてやりくり簿を利用してカットを心がければ、さらなる預貯金も可能とのポイントでした。

わたしが現に行っている預貯金は、月間預貯金やる対価を決めて、給料太陽に逆算預貯金をしています。
例えば、18万円の給料から3万円を給料太陽に逆算預貯金します。
3万円はなかった雑貨として、一月を15万円でライフスタイルすれば、これは預貯金になります。
そして、並行して出金を制限していらっしゃる。

ですから、月末に記し貯めも出来ていらっしゃる。
カットや預貯金を心がければ、自然とお金を使うポイントに鋭敏となり、少しずつでも預貯金が可能だと感じています。

自炊してコストダウンやりくり

学生時代、1ユーザー暮らしをしていてお金がなかったので連日自炊をしてカットに励んでいました。食物が好きで上手になりたいと思っていたこともあり、切り捨ていても大してわびしく感じたことはないですね。当時は、そばも自身みたいだったからかも知れません。

お家にいたところから食物はしていたので、1ユーザー家計を始めても最初のうちは手法がわからず形作り過ぎてしまい、おんなじものが何日も貫くこともありましたが、段々慣れて来て、条項を上手に使い切ったり、ディスカウントの条項を上手に買って条項から構成を位置付けることも出来るようになりました。

正午は麺類が数多く、ツナ缶を使った日本パスタや乾麺の冷麦など可愛らしく食べました。冷麦などは食べ過ぎて、今はほとんど見たくないですね。目下WEBの作り方などを参考に一際上手にカット家計ができるのにと思います。

自炊を積み重ねるためには、3食家で取る先、もしくは正午にお弁当を持ち歩くことができないと苦しいかなと思います。おとなの皆様なら、常備菜を作って置き、遅くなっても家で直ぐ食することが出来るようにしておくのがいいのでは。冷凍のうどんや缶詰などを常備しておくのもいいかも知れません。軽装自炊でたまの外食を豪華にするなどけじめを垂らしながらカット家計を楽しみたいですね。

私の節約や貯蓄方法

私はもともと裕福な家庭ではありませんでした。ですので子供の頃から欲しいモノがあっても買ってもらうことはできず、我慢することが多かったです。

しかしこの経験から大人になった時に役に立ちました。社会人ですと働いてそれなりにお金があります。しかし、欲しいなぁいいなぁと思ったモノでも本当に必要なモノなのか、一時的に使用するモノであればいらないな、と判断することができました。なんでも欲しいと思ったモノを買うのではなく、一度考えてから本当に必要なモノか判断してから買うようになりました。このことから無駄な買い物はあまりしていないので、無駄な出費を抑えらえて節約にも繋がります。

また貯蓄方法としては給料から余ったお金を貯金するのでは、なかなかお金が貯まりません。どうしても自分に甘くなってしまいますので、給料から財形貯蓄をして強制的に貯金する方法をしています。この方法ですと簡単には財形貯蓄をおろせないので、余った給料で生活しなければなりません。余った給料で生活していくだけで自然とお金が貯まっていくので、気づいた時にはたくさんの貯金がありました。ただ貯金や節約するだけではしんどいだけですので、その貯金や節約をして何をしたいか目標を立てて頑張っています。