無駄な買い貯めは損をする場合もあります

人は誰しも安売りしているものを見るとついつい買いたくなってしまうものです。
しかし今必要ではないものを買ってもそれはお得とは言えません。日用品のストックなどは一つあれば十分ですし、3つも4つもあったらそれこそ場所を取って邪魔になってしまいます。

賢く貯蓄をしたいのであれば、月に使える日用品の金額の上限を決めておくと良いでしょう。すぐに無くなりそうではないものは次の月に買うようにして、ストックが増えすぎないようにすることが大切です。
ストックを入れておく場所を決めておき(ケースや棚の中など)その場所からはみ出るほど買わないようにすることです。
洗濯石鹸、柔軟剤、シャンプー、リンス、消臭スプレー、各種洗剤等今は何でも詰め替え用が出ています。まず最初にそれぞれストックを一つずつ買っておき、ストックを使ったらメモしておきます。
そしてその商品の安売りを見つけた時に買うようにすれば無駄がありません。冷蔵庫などのわかりやすい所に、100円ショップなどで買えるホワイトボードを貼り付けておくと便利ですよ。

中にはあまり減らないものもあります。特殊な洗剤などたまにしか使わないものはストックすらいりません。容器の重さで判断して、半分以下になった時に詰め替え用を買うようにすれば間に合います。
この時も安売りになるタイミングを待ちましょう。どんなものでも安く売られる事はありますが、それを買うべきタイミングを誤ると無駄遣いに繋がってしまいます。
「必要なものを安いタイミングで買う」これこそが無駄のない買い物と言えるのではないでしょうか。