買い替えの欲求を抑える為に役立つ心掛けとは

最近は家電の新製品の更新サイクルもかなり早く、気になる新製品が出る度に注目し、あわよくば手持ちの家電とすぐにでも買い替えたくなってしまう人もいる事でしょう。

経済的に十分余裕があり、また新し物好きである事を自覚していれば納得も出来ますが、一般的な目で見れば、まだまだ使える手持ちの家電をすぐさま買い替えてしまうというのは何とも勿体無い話で、お金の節約上決して良い傾向ではないでしょう。

私の自宅にもかなり年季の入った冷蔵庫やテレビ等大型家電があるのですが、常に魅力的な新製品の情報が目に入ってくるにもかかわらず、何とか買い替えの欲求を抑えここまで使い込んでこれています。

こうした買い替えの欲求に負けない強い心を持ち続けるには、自らの我慢や心の鍛錬の他、新製品を紹介する媒体になるべく目を触れない様心掛ける、という方法も節約の為に間接的にでも役立つ筈です。

具体的には、日々新聞と共に入ってくる家電量販店のチラシは一切チェックせずにさっさと片付ける、あるいはネット通販のサイトを頻繁に閲覧する癖を無くす、といった心掛けだけでもかなりの効果があると思います。

ネット閲覧上どうしても避けられないのは、頻繁に表示されるバナー広告ですが、これらを多く見ずに済ませる為にも、アフィリエイトを主目的としたまとめサイト系の閲覧を抑え、趣味であれば濃厚な情報を探れる個人や団体のサイトのみ閲覧するといった工夫も良いかも知れません。

節約で心がけていること

私が節約を心がけていることが、いくつかあります!一つは、ポイントカードをうまく利用することです。もちろん、いろいろなお店のポイントカードは必ず作っています。そして、気をつけたいのは、ポイント3倍dayなどの日を狙って買い物に行くことです。

同じポイントを集める中でも、3倍や5倍は大きいです。そのため、どうせ買い物に近々行くのであれば、そうそう急ぎでない限りは、その日を待つのです。そのため、ポイントがたまるのが早く、またたくさんたまります。そのたまったポイントで、私は自分へのご褒美でスイーツなどを買うのです。

たまにはご褒美がないと、節約によるストレスがたまってしまうので、節約による楽しみを作るようにしています。ただ、そのご褒美は200円までと決めています。また、薬局などから10パーセントオフなどのはがきが届いたら、その時にまとめて日用品を買うようにしています。

それだけでも、数百円は浮くのです!また、特に大きい買い物や、消耗品は特に10パーセントオフで買うことにこだわっています。最終的に捨ててしまうオムツなどです。たかが数百円であっても、それが積み重なると、結構大きいです。このこつこつを続けて節約に繋げています!

私自身が心がけている節約のルール

我が家は4人家族で幼い子供が2人います。

私自身も節約が苦手で家計簿をつけては途中でやめ、レシートをとっておくのも最初だけといった感じで、やるぞ!と心に決めてもいつもすぐに諦めてしまっていました。

節約のためにそれらをすることがストレスに感じてしまっていたのです。

そこで私がするようにしたのは買い物の回数を減らすことと、出来るだけ手作りで御飯をお家で食べるようにと心がけるようにしました。

生活の中で一番節約できるのは食費だと私は思ったので、それをいかに改善するかだと思いました。

まずは外食ですが、外食って皆さんが思っている以上にかかっているし、正直勿体無いです。

ランチの外食は月に3回ほど行きますが、ディナーの外食はここ2カ月ほど行っていません。

我が家にはじっと大人しくしていられない小さな子供が2人もいるので、お家の方が周りに気を使うこともなくゆっくりと食事ができるのでもっぱらお家ディナーです。

私自身も料理が大好きで作ることはストレスにはならないので、なおかつ楽しんで食事をみんなでワイワイ取ることができ外食費の節約にもなります。

あとは買い物を少なくすることです。ちょくちょく買い物に行ってしまうと無駄遣いになります。

余分なものまで買ってしまうので、できるだけまとめて買うようにしました。

無駄な買い貯めは損をする場合もあります

人は誰しも安売りしているものを見るとついつい買いたくなってしまうものです。
しかし今必要ではないものを買ってもそれはお得とは言えません。日用品のストックなどは一つあれば十分ですし、3つも4つもあったらそれこそ場所を取って邪魔になってしまいます。

賢く貯蓄をしたいのであれば、月に使える日用品の金額の上限を決めておくと良いでしょう。すぐに無くなりそうではないものは次の月に買うようにして、ストックが増えすぎないようにすることが大切です。
ストックを入れておく場所を決めておき(ケースや棚の中など)その場所からはみ出るほど買わないようにすることです。
洗濯石鹸、柔軟剤、シャンプー、リンス、消臭スプレー、各種洗剤等今は何でも詰め替え用が出ています。まず最初にそれぞれストックを一つずつ買っておき、ストックを使ったらメモしておきます。
そしてその商品の安売りを見つけた時に買うようにすれば無駄がありません。冷蔵庫などのわかりやすい所に、100円ショップなどで買えるホワイトボードを貼り付けておくと便利ですよ。

中にはあまり減らないものもあります。特殊な洗剤などたまにしか使わないものはストックすらいりません。容器の重さで判断して、半分以下になった時に詰め替え用を買うようにすれば間に合います。
この時も安売りになるタイミングを待ちましょう。どんなものでも安く売られる事はありますが、それを買うべきタイミングを誤ると無駄遣いに繋がってしまいます。
「必要なものを安いタイミングで買う」これこそが無駄のない買い物と言えるのではないでしょうか。

マレーシア在住主婦の節約貯蓄術??

まず節約として行っていることは、小さなことですが、電気をなるべくこまめに消すように意識したり、水を出しっ放しにしないようにしたりと、光熱費をなるべく節約するよう心掛けています。携帯もなるべくwifiの繋がるところではwifiを使い、パケット代節約を心掛けています。また、食費の節約の為、約一週間に一度は大型で格安のスーパーマーケットでお肉や野菜などをまとめ買いし、基本的には全てその日に冷凍するようにしています。野菜も冷凍するようになってから、数週間はもちますし、お料理する際に、楽チンなので、小さな子供のいる私には大変助かっています。

また、支払いには基本的に全てクレジットカードを使用し、ポイントをQUOカード等に変える、若しくはマイルとして、航空券の購入時に使用しています。

貯蓄の方法としては、新生銀行の2週間定期預金を利用しています。なんとなく定期に入れているだけで、使いづらいですし、他行の長期の定期預金よりも利率も高いと思います。使うお金は別の銀行の普通預金に入れ、貯めるお金は新生銀行へ、と分けて、なるべく新生銀行のお金は使わないよう努力しています。また、たまに外貨運用等も行い、為替利益を得ています。

ストレスフリーな節約で快適生活

節約というと、どうしても我慢やストレスと言った文字が頭に浮かんでしまします。

しかし、考え方を少し変えただけで、我慢やストレスといった状態から解放されると思います。

そんなこと言っても、何から始めればいいか?という方におすすめが、

ちょっと手続きをしただけで、目に見えて節約したことがわかることから始めるのは一番だと思います。

おすすめしたいのが、毎月決まってかかってしまう費用からとりかかるといいでしょう。

いわゆる家計の中で固定費と呼ばれているものです。

(家賃、住宅ローン、電気、ガス、水道、携帯代など)

その中でもあまり手間がかからない項目というと、電気です。

電気やガスの自由化で、多くの企業が格安なプランを用意しています。

中には、電気とガスと一緒に契約することで従来の金額の何パーセント引きになっているところもあります。

一度契約すれば、その分確実に毎月節約になりますし、我慢やストレスが起こることもありません。

今はネットで簡単に手続きできるものもたくさんありますので、まずは問い合わせして検討してみてはいかがでしょうか?

次におすすめしたいのは、携帯料金です。今は格安スマホや格安simなど多くのものがあります。

やみくもに、安いのを選ぶのではなく自分にとっての優先順位の機能を備えているものから、選ぶのがいいでしょう。

安いけど災害時の緊急アラートがならないといったデメリットがあるものもありますので、しっかり調べてるのをおすすめします。

既存のプランを見直しかえるだけでも、一度変えれば毎月我慢やストレスなく節約ができます。

何事も我慢やストレスは禁物です。

楽しみながら節約できるよう考え方・マインドを少し変えるだけで、

今よりも快適な生活がきっとおくれると思います。