毎月の出費を細かくチェックして節約!

節約の方法を考えたときに、私はまず、1ヶ月の出費を細かく見ていきました。
あまりにもぎゅうぎゅうに節約しすぎると、現実的ではないし、急の出費のときに対応できませんので、現実的な節約ぶりを心がけて、かつぜいたくは絶対しない、というスタンスで1ヶ月間生活してみました。

そうして、食費、雑費などにどのくらいお金を使ったのか割り出しました。
翌月からは、それと同額の食費・雑費を給料から封筒に抜き出して、あとは貯蓄に回すようにしました。
また、光熱費は1年分を12で割って、平均月々これだけかかる、という金額を割り出しました。平均で考えないと、夏はエアコン代が高くつき、冬はガス代が高くつくのに、そのときそのとき場当たり的に対応していては、きとんとした貯蓄はままならないからです。また、どうしても臨時の出費というものが出てきます。

そのとき、そのときで、どんな臨時の出費が出たのか把握して(病院代や、パンクした自転車の修理代など)次回のボーナスで、だいたいこれくらいの臨時出費が出るだろうと予想される金額を「臨時出費代」として置いておくようにしました。
そうすると、月々急な出費があっても、慌てずに対応できます。出費の内訳は各家庭によって違うので、我が家の出費の傾向をきちんと把握することで、貯蓄は出来ると思います。

私の節約や貯蓄方法

私はもともと裕福な家庭ではありませんでした。ですので子供の頃から欲しいモノがあっても買ってもらうことはできず、我慢することが多かったです。

しかしこの経験から大人になった時に役に立ちました。社会人ですと働いてそれなりにお金があります。しかし、欲しいなぁいいなぁと思ったモノでも本当に必要なモノなのか、一時的に使用するモノであればいらないな、と判断することができました。なんでも欲しいと思ったモノを買うのではなく、一度考えてから本当に必要なモノか判断してから買うようになりました。このことから無駄な買い物はあまりしていないので、無駄な出費を抑えらえて節約にも繋がります。

また貯蓄方法としては給料から余ったお金を貯金するのでは、なかなかお金が貯まりません。どうしても自分に甘くなってしまいますので、給料から財形貯蓄をして強制的に貯金する方法をしています。この方法ですと簡単には財形貯蓄をおろせないので、余った給料で生活しなければなりません。余った給料で生活していくだけで自然とお金が貯まっていくので、気づいた時にはたくさんの貯金がありました。ただ貯金や節約するだけではしんどいだけですので、その貯金や節約をして何をしたいか目標を立てて頑張っています。