収納は無駄!収納は捨てて、節約しよう!

よく、収納名人がテレビに出てきて、収納の仕方のアドバイスをしてくれますが

私は、収納自体が無駄だと思っています。

大きい器があると、それをいっぱいにしてもよいという心理が働くものです。

収納や置くところがあるから、ものを買って、増えていって捨てられなくなるんだと目が鱗になった時があって

収納することを辞めて、1年以上つかわないものを捨てていくことにしました。

だから、私の家には、基本的に収納は、靴箱、食器棚、本棚、タオル入れしかありません。

家についているクローゼットはありますが、タンスなどは、全部捨てました。

収納がないので、買おうとおもっても、置くところがないので、買わなくなります。

洋服もこれを買っても、しまうところもないので、一枚買うと一枚捨てるため、激選の上買うので

衝動買いすることもないです。よく、考えて買う癖をつけると、自分を見つめ直すことができ、

自分の行動パターンがわかるので、買った後の使用頻度が想像で見えてくるので

商品を見ただけで、無駄かどうかがわかってきます。

これで、無駄なものを自然と買わなくなるので節約につながります。

ものがないので掃除もサクサクできるので、掃除機をかける電気代も節約できます。

収納を買うお金や収納に費やす時間も節約ができて、一石二鳥です。