ミニマリストのような生き方をすると貯まる

ミニマリストとは最小限者という意味です。必要最低限の物で暮らすことによって物のありがたみに気付き豊かな暮らしが出来るというものです。ただミニマリストになれ!という訳ではありません。貯蓄に対してたくさんの参考になる情報があるからです。その基本は欲しい物を買うのではなく、必要な物を買うです。まず、収入を増やせ!と言われてもそんな簡単に増やせるものではありません。それは会社やら他人やらに影響されて一個人で決めれるものではないからです。支出を減らせ!と言われれば一個人で我慢や冷静な判断によって減らすことは可能です。まず家賃です。家って広くないといけないのか?家って外見綺麗じゃないと住めないのか?そんなことありませんね。その家賃のせいで給料の何割かが毎月支払いされているのに気付くべきです。みんな節約というと財布に入っているお金、要するに目に見えるお金に毎日の出費に目がいきがちですが、まずは根本を見直すことです。固定費というものです。毎月必ず引き落とされるものに目を向けるべきなのです。家賃、携帯代、保険などです。これは固定費だから引き落とされた後のお金を節約しようとしますが、固定費を削れればその分の手元に残るお金も残る訳です。保険も一回入ったら入りっ放しではなく、年に一度見直した方がいいでしょう!一番の節約は固定費の改善!と物への執着心を捨てることだと思いまふ。