マレーシア在住主婦の節約貯蓄術??

まず節約として行っていることは、小さなことですが、電気をなるべくこまめに消すように意識したり、水を出しっ放しにしないようにしたりと、光熱費をなるべく節約するよう心掛けています。携帯もなるべくwifiの繋がるところではwifiを使い、パケット代節約を心掛けています。また、食費の節約の為、約一週間に一度は大型で格安のスーパーマーケットでお肉や野菜などをまとめ買いし、基本的には全てその日に冷凍するようにしています。野菜も冷凍するようになってから、数週間はもちますし、お料理する際に、楽チンなので、小さな子供のいる私には大変助かっています。

また、支払いには基本的に全てクレジットカードを使用し、ポイントをQUOカード等に変える、若しくはマイルとして、航空券の購入時に使用しています。

貯蓄の方法としては、新生銀行の2週間定期預金を利用しています。なんとなく定期に入れているだけで、使いづらいですし、他行の長期の定期預金よりも利率も高いと思います。使うお金は別の銀行の普通預金に入れ、貯めるお金は新生銀行へ、と分けて、なるべく新生銀行のお金は使わないよう努力しています。また、たまに外貨運用等も行い、為替利益を得ています。

ストレスフリーな節約で快適生活

節約というと、どうしても我慢やストレスと言った文字が頭に浮かんでしまします。

しかし、考え方を少し変えただけで、我慢やストレスといった状態から解放されると思います。

そんなこと言っても、何から始めればいいか?という方におすすめが、

ちょっと手続きをしただけで、目に見えて節約したことがわかることから始めるのは一番だと思います。

おすすめしたいのが、毎月決まってかかってしまう費用からとりかかるといいでしょう。

いわゆる家計の中で固定費と呼ばれているものです。

(家賃、住宅ローン、電気、ガス、水道、携帯代など)

その中でもあまり手間がかからない項目というと、電気です。

電気やガスの自由化で、多くの企業が格安なプランを用意しています。

中には、電気とガスと一緒に契約することで従来の金額の何パーセント引きになっているところもあります。

一度契約すれば、その分確実に毎月節約になりますし、我慢やストレスが起こることもありません。

今はネットで簡単に手続きできるものもたくさんありますので、まずは問い合わせして検討してみてはいかがでしょうか?

次におすすめしたいのは、携帯料金です。今は格安スマホや格安simなど多くのものがあります。

やみくもに、安いのを選ぶのではなく自分にとっての優先順位の機能を備えているものから、選ぶのがいいでしょう。

安いけど災害時の緊急アラートがならないといったデメリットがあるものもありますので、しっかり調べてるのをおすすめします。

既存のプランを見直しかえるだけでも、一度変えれば毎月我慢やストレスなく節約ができます。

何事も我慢やストレスは禁物です。

楽しみながら節約できるよう考え方・マインドを少し変えるだけで、

今よりも快適な生活がきっとおくれると思います。

節約しないと貯蓄できない現状を疑え

節約のために1円でも安いスーパーまで出向くとか、勿体ないからまだ使えるからと古いものを直しながらボロボロになっても使っていたりしていると悲しくなりませんか。節約というか、無駄にものを買い込まないとか、本当に必要なものにはお金をかけることが長持ちの秘訣だから普段は無駄にものを買わないのが本当の節約だと思います。節約に勤しむあまり何でも高く感じたり、何か買うことに罪悪感を感じるようであれば「病気」としか言いようがありません。

そもそも「節約」といって色々我慢したり1円でも安くするためにあちこち動き回る状態こそ異常ではないかと気づいて欲しいのです。

時間は有限です。もし、遠くのスーパーへ10円安い大根を買うために移動すれば、時間と自分の労力がかかりますから、10円以上の価値が発生します。もし、自分にはそんなに価値はないと思っているのならそれはもっと以上です。移動までの数分で信じられないくらいのお金を稼ぐ人が以外といるのです。

何も特別な人達ではありません。ただ「自分には価値がある」と信じて動いた人なだけなのです。

節約しなければならない財政状態をまず疑いましょう。必ずどこかに異常な出品があるはずですし、あちらこちらのスーパーを一日中移動している時間があれば、いくらか稼げるのではないかと、時間の使い方を疑いましょう。

今日からできる節約の仕方

昔から節約・貯蓄・節税は興味がありさまざまなことを試してきたので今からできる方法やポイントを書いていきたいと思います。

まずは節約からです。

節約って聞くと「いかにお金や物の消費(購入)をへらすか」と考える人が大半だと思います。

私も同じように考えていますが節約って実はそれだけではありません。

私は「消費を減らす」+「今家にあるものを有効活用する」=節約だと思っています。

ほとんどの人が経験あると思いますが普段より安いセール品があれば買いますよね?

普段より〇〇円も安くて得した!と感じると思いますが実はそれをすべて使ったときに初めて得をしたことになります。

例えばトイレットペーパーなどの長くストックして良い必ず必要なものはセール買いしていいと思いますが食材などの賞味期限・使用期限があるものはそれを買うことによる買ったものや今あるストック廃棄リスクが起こります。

賞味期限切れなどの廃棄が発生した場合はそれは一番無駄な消費です。

その為、セール品を買うことがメインではなくストックバランスを保って廃棄を無くすのが一番の節約になります。

また、今あるもので要らないものを処理するのも1つの節約になります。

よくあるのがオークションサイトを使った要らないものの販売です。

ただ、売れない物に関しては使う予定がもうなければ捨てたりまとめてリサイクルショップに引き取ってもらいましょう。

物が増えると必要な探し物の際に時間がかかったり要らない物にあふれて必要なものが無くなり2個3個と買い足さないといけない可能性が出てきます。

何かの時に使えるかもしれないから~とよく聞きますがその何かが具体的に説明できない物はいらないと思います。

それでも処分するのを躊躇する方はいらない物候補ボックスを作りましょう。

これはいらない段ボールとかでいいです。年度ごとに別で作り必要な時が来たらそこから探して抜きます。

1~2年前のボックスでずっと抜かずに中に入ってる物は間違いなく要らないので箱ごと捨てましょう。

私が節約する為にやってみたこと

結婚当初お金もさほどなく、主人も私もこれからお金を貯めていこうとする中で色々節約をしていました。特に主人は財布に入っている分はあった分だけ使ってしまう浪費家だったので、家計は私が握る事にしました。主人のお小遣いはとりあえず定額4万円にし、その中から主人が飲むお酒代をやりくりしてもらうことにしました。

元々たくさんお酒を飲む人で、ある分だけ飲んでしまうので健康面も考えてそのようにしました。その中には主人の携帯代も含めていましたし、外での飲み代も含んでいたので主人もあまり無駄遣いはできなかったとは思います。あと、子供が出来てからは、子供服とくに赤ちゃん時代のものは知り合いから譲り受けたものを中心に服を着せていました。

すぐに成長してサイズアウトしてしまうので、とりあえずもらえるというだけでありがたかったです。あとオムツは主に布オムツにしていたので、すべて紙おむつでやるよりは経済的だったかなと思っています。そしてゴミも少なくすんでよかったです。

あとは電気はこまめに消す、窓を二重窓に変えて冷暖房費の節約をする、外食は控えることぐらいでしょうか。あまり節約節約と頑張りすぎているとストレスがたまるので、今は適度にやっていくのがいいなと思ってやっています。

冷凍による食費の節約

食費を無駄にしないためにも、葉物野菜から使い始めて、日持ちする食材を後から使います。

また、冷凍可能かどうかを随時チェックしています。

今まで冷凍ができて無駄にならないと思ったものは、ピザ用チーズ(開封後も冷蔵庫に入れたり、手で取り出しているとすぐにカビになります)、玉ねぎ(みじん切りと細切りと2種冷凍しています)、ニンニク(買ってきて皮をとって、冷凍します。薄皮は水でニンニクを洗うときにすぐに取れます)、えのき(買ってきて、すぐに切って冷凍します)、かぼちゃ、にんじん(日持ちするのですが、使いきれないこともあるので、小さく切ってとっておくとスープなどに入れられて便利です)、トマト(洗って水気を取って冷凍します)が便利です。

食材を捨てることはほとんどありません。

天気が悪くて買い物に行けない時など、冷凍食品と麺類やご飯があれば、どうにかチャーハンくらいは作れて便利です。

毎月の出費を細かくチェックして節約!

節約の方法を考えたときに、私はまず、1ヶ月の出費を細かく見ていきました。
あまりにもぎゅうぎゅうに節約しすぎると、現実的ではないし、急の出費のときに対応できませんので、現実的な節約ぶりを心がけて、かつぜいたくは絶対しない、というスタンスで1ヶ月間生活してみました。

そうして、食費、雑費などにどのくらいお金を使ったのか割り出しました。
翌月からは、それと同額の食費・雑費を給料から封筒に抜き出して、あとは貯蓄に回すようにしました。
また、光熱費は1年分を12で割って、平均月々これだけかかる、という金額を割り出しました。平均で考えないと、夏はエアコン代が高くつき、冬はガス代が高くつくのに、そのときそのとき場当たり的に対応していては、きとんとした貯蓄はままならないからです。また、どうしても臨時の出費というものが出てきます。

そのとき、そのときで、どんな臨時の出費が出たのか把握して(病院代や、パンクした自転車の修理代など)次回のボーナスで、だいたいこれくらいの臨時出費が出るだろうと予想される金額を「臨時出費代」として置いておくようにしました。
そうすると、月々急な出費があっても、慌てずに対応できます。出費の内訳は各家庭によって違うので、我が家の出費の傾向をきちんと把握することで、貯蓄は出来ると思います。

節約・貯蓄するにはマイルールが必要

節約や貯蓄をするには自分なりにハッキリしたマイルールを作っておくことが大切です。曖昧に、明日から節約しようと頭で考えていても、中々実行に移せないのが人間です。自分の良いように考え自分を甘やかしてしまうのでは意味がないので、本気で節約や貯蓄をしたいならマイルールを決めるべきだと思います。

そのマイルールの作り方はなるべく具体的に作ると言うことです。ただ電気やガスを使わないようにする!と決めてもしっかりした効果が見られないのですぐに諦めてしまう人がほとんどです。使わない時はコンセントを抜いたり、テレビをつける時間を決めておいたり、炊飯器の保温機能を使わない、などしっかりと具体的に決めて、いつも目に入る場所にメモをしておくと効果的な節約生活ができます。

そして貯蓄は、苦手な人も多いと思います。苦手だと感じる理由は、全てを貯金しようとするからです。頑張ってなるべく多くのお金を貯金しようとして無理をしていると、長くは続きません。だから貯金する際は、毎月同じ額を貯金します。

そして貯金する額は収入の全てではなく、収入の中から自由に使っても良いお金を差し引いて、残ったお金をしっかり貯金します。この方法でより良い節約・貯蓄生活ができます。

メニューを決めずに買い物をすることで、食費の節約

わたしは生活費の中で特に食費を節約しています。結婚当初はメニューも決めず、よく買い物に行って無駄な物までたくさん買い、赤字になっていました。生活の事を考え、家賃の安い家へ引っ越しした事から節約生活が始まりました。駅が遠く、歩いていける範囲にスーパーがない所で、平日は旦那が仕事で車を使うため足がなく、買い物に簡単に行けない状況になりました。

しかし、そのおかげで、節約が順調に進むようになったのです。基本的に旦那が休みの日曜日だけ買い物に行き、一週間分をまとめて買います。その一週間分はメニューを決めずにスーパーに行き、その日安売りや値引きをしている商品を見つけながら、何となくメニューを考えます。調味料やお米など必需品はあらかじめ家に残っている物をチェックしておきます。そして、だいたい予算内で一週間分を購入し、計算上余れば、お菓子等も時々買うという感じです。

このように買い物をすると、安い物ばかりを買っているので、買える品数は多くなり、思っている以上に一週間分の食材を買うことができます。そして、必ず予算内で収まるので無駄な物を買って赤字になる事はないです。

一週間分をまとめて買うと、わたしの場合、次の週まで買い物に行けないので、買ったものでどうにかするしかありませんが、色々とメニューを考えたり、調べたりすると、どうにかなっています。

またメニューを考える楽しみもあり、安い食材であまり作ったことのない料理も作れたりするので、楽しく節約できています。

これで、我が家の赤字はなくなりました。

プロパンガスの家に住んでます。

私は家賃を節約するつもりで現在の借家に引っ越したのですが、引っ越した先はプロパンガスの家でした。

ここに引っ越してくるまで、ガスはガス管を通ってくるものだと思っていました。

私の家はめちゃくちゃ田舎ということもなく、普通の地域の普通のちょっとボロなお家です。

ちょっとボロな代わりに一軒家なのに家賃が安く、何より立地が気に入り、引っ越しました。

プロパンと気が付き、調べてみると料金が高いですね。実際使ってみてもやっぱり高いですね。ガスを契約している会社にもよるらしいですが、前の家のガス代の3倍程です。

しかも、プロパンガスに気付いて慌ててコンロをIHにしたのに、です。

節約の為に、浴槽に入れておけば電気でお湯を沸かせるという機械の購入も検討しましたが、その商品自体の価格も高く、お風呂が沸くまでにかなり時間がかかるという説明を見て諦めました。

しかし、現在はガス代を引っ越し当初より7割位に抑えています。

その方法は、まず夏場はシャワーのみ!これが1番節約になります。

冬はどうしても湯船が恋しいので、お風呂が沸いたら家族全員立て続けに入る!出来そうにないときだけ、お風呂を沸かすのを諦めます。

シンプルですが、それだけで結構節約になります。

あとは、少し家族に嫌がられますが、食器洗いをやらずにためる!です。すぐ落ちる汚れの物は水でさっと洗い、すぐ拭いて仕舞います。

油汚れや落ちにくい物は3日に1回位だけお湯を出し、一気に洗ってます。