自分に合った方法で節約、貯金をする

貯金をするためには収入を増やすか支出を減らすことしかありません。簡単にできそうなのが節約をすることですので、色々と試してみました。たくさんの節約情報があふれていますので、自分に合うものと合わないものがありました。何が何でも節約しなけれならないと思ってしまうと疲れてしまいます。

試してみて無理そうなものはやめました。家計を見直して、やりくり方法を自分のやりやすい方法に安定させることができたので、過度な節約をしなくても貯金をできています。私が合った方法は袋わけです。家計簿を細かくつけるのは性格上向いていないとわかったので、支出ごとに予算分けをして予算内でやりくりをするという方法です。

細かい家計簿はつけません。食費だけは一週間ごとにいくらと決めてその範囲内でやりくりをしています。すべてを一緒にしていたときと違って楽にやりくりができるようになりました。食材を買いに行くときにはその中のお金だけを持っていきます。レシートは帰ってチェックはしますが、家計簿に書いたりはしません。

一週間ごとに分けていますので、残金がすくなくなってきた買う量をセーブしたりもできます。費目ごとに余った分は予備費としておいておき、月末にすべて合わせて貯めておきます。その分を旅行費や外食費など家族で楽しむために使いますので、自然にやりくりを頑張って残しておこうという気持ちになれます。