節約しないと貯蓄できない現状を疑え

節約のために1円でも安いスーパーまで出向くとか、勿体ないからまだ使えるからと古いものを直しながらボロボロになっても使っていたりしていると悲しくなりませんか。節約というか、無駄にものを買い込まないとか、本当に必要なものにはお金をかけることが長持ちの秘訣だから普段は無駄にものを買わないのが本当の節約だと思います。節約に勤しむあまり何でも高く感じたり、何か買うことに罪悪感を感じるようであれば「病気」としか言いようがありません。

そもそも「節約」といって色々我慢したり1円でも安くするためにあちこち動き回る状態こそ異常ではないかと気づいて欲しいのです。

時間は有限です。もし、遠くのスーパーへ10円安い大根を買うために移動すれば、時間と自分の労力がかかりますから、10円以上の価値が発生します。もし、自分にはそんなに価値はないと思っているのならそれはもっと以上です。移動までの数分で信じられないくらいのお金を稼ぐ人が以外といるのです。

何も特別な人達ではありません。ただ「自分には価値がある」と信じて動いた人なだけなのです。

節約しなければならない財政状態をまず疑いましょう。必ずどこかに異常な出品があるはずですし、あちらこちらのスーパーを一日中移動している時間があれば、いくらか稼げるのではないかと、時間の使い方を疑いましょう。

買い物地立ち入りタブー目論みでコストダウンと貯蓄に命中

カットと貯蓄は密接に関係しています。
なぜならカットをする事で貯蓄が取れる面に繋がるからだ。
あたしはむかし、出勤で得た大切なお月収をたいていドレス値段に費やしていました。
仕事をしないでアパートにいるならあまり多くのドレスは必要ありませんが、仕事をしている上記、周りがあるのでさほど何度もおんなじファッションをはおる面に応戦を感じていました。
実績お月収を費やしてしまい、色々輩よりもドレスもちになってしまい、「恐ろしいドレス豊か有するよね。」と同僚の人から思い切り言われて仕舞う様になりました。

しかし数ヶ月前に大学時代の近所と母親会があり、題目が貯蓄になったのです。
あたしは貯蓄が教え子程も乏しい様な総計なのに対して殆どの近所が私の5ダブル近くの貯蓄を持っていたのです。
その時の損害から、あたしはカットをする様になりました。
買い出しスポットに入ってしまうとふっと衝動買いをしてしまうので入らない、目にしない様にして大好きなドレスは大半買わなくなりました。
また食生活もしょっちゅう外食ばかりだったので低い食物を買ってきて自炊やる様に頑張りました。
他にも付き合い費が目茶苦茶にならないので、意外と必要だと想う祭礼しか参加しなくなりました。

あんな生活をしていたら半年程で、ダブル近くの貯蓄が出来たのです。
何年も社会人として働いてきて金額を得てきたのに、どうにも使ってしまった事を思うと情ない気持ちですが、これからも将来の為にカットを心掛けて貯蓄を増やして行きたいだ。

貯蓄について本気になって考えてみた。

これまでは、給料をあるだけ使ってしまうようなお金の使い方をしていました。

足りない分はクレジットカードを使って補填するような使い方もしていましたので

次の月にそのクレジットカードの補填分の請求が加わって、足りない分をまたカードでを繰り返してしまい

現金を全く貯めることが出来ず、貯金ほぼゼロに近い状態でした。

実家暮らしで、家に一定金額を入れたら後は自由に使う事が出来るので

その状況に甘えてしまっている結果で、危機感を全く感じていませんでした。

今が良ければそれで良いという考えでした。

冠婚葬祭や突然の病気だったり退職で、急にお金が必要となるときがあると言う話を聞いてから

少しでも貯蓄しないといけない、そのためにはどうしたらいいのかを考えるようになりました。

給料をあるだけ使ってしまうというのが一番の原因だったので、給料から一定額を貯蓄用として

給料の口座とは別に貯蓄専用口座を開設する事にしました。

給料日に一定額を貯蓄用口座に入金し、残りのお金で生活をすることにしました。

最初は物欲に負けそうになり、貯蓄用口座に手をつけてしまったこともありましたが

続けていくと、残りの金額で生活できることが分かりました。

貯める分をあらかじめ引いておくやり方をすることによって、これしかないと思い込ませることができて

次第に貯蓄用口座には手をつけてはいけないという思いが強くなりました。

残った分を貯蓄に回すやり方より、最初から引いて残りでやりくりするやり方の方が

貯蓄できるようになると考えます。

また、浪費も減りました。これを我慢すれば貯蓄に回せると思うようになり

欲しいと言う本能だけで買い物するようなことが減りました。

本当に欲しい物か、必要な物かを考えてから買い物ができるようになりました。

貯蓄を少しずつできるようになってから、物を大切にしたり、ある物で活用できないかを考えるようになりました。

また、貯蓄できたという自信にもつながり、貯蓄したお金は冠婚葬祭の時に役に立ち、その時になって慌ててしまうことがなくなり。

生活にゆとりが生まれたように思います。

貯蓄は個人年金保険がおすすめです。

結婚して子どもが産まれてから本格的に貯蓄について考え始めました。新居を購入する前までは毎月決まった額をしっかり銀行に預けて貯金ができていました。しかし新居購入後は貯金も減り、貯金も思うようにできていない状況でした。

そこでいつもお世話になっている保険会社へ貯蓄のことで相談したところ個人年金保険があることを教えてくださいました。貯蓄は銀行や郵便局でするもの、と今まで思っていましたが話を聞くと、個人年金保険が比較的利回りも良くとても人気があるそうです。

また個人年金保険は年末調整で税金が多少返ってくることもあり結果的によりお得かなと思います。子どものための積み立ては産まれてからすぐに始めましたし、次は私たち夫婦の老後のことも考えて積み立てをしないといけないと思っていたので個人年金保険を契約して貯蓄をすることにしました。

すぐにお金が必要になることもあるので銀行での預貯金は残しつつ、個人年金保険で確実に貯蓄をしていく。たくさん口座を持って分けて貯蓄をする人も多いですが、この2つのパターンで貯蓄をするのがおすすめですね。個人年金保険は一括払い、一年払い、月払いなど支払方法が選べるのも気に入っています。

貯蓄に邁進

私は三つの方法で貯蓄に取り組んでいます。一つ目は給料からの天引き貯金です。給料が振り込まれた際、下ろして使う前にすぐ貯金します。この天引き貯金の金額は多めに設定しています。具体的には給料の約4割です。色々と試しましたが、これくらいがぎりぎりの金額だという結論に至りました。これ以上大きい額に設定してしまうと、日々の生活がかなりシビアになります。また、この金額は始めからなかったものとして貯蓄用通帳に入れ、使うことはしません。

二つ目はありきたりですが、お金を使わないことです。もちろん使わない、という定義は人それぞれですが、私は必要な物しか買いません。CDや本、ゲームは買いませんし、必要以上の洋服やバッグ、アクセサリーの類いも買いません。付き合い以外で外食することは皆無ですし、コンビニにはまず行きません。ただし、買うべき物はきちんと買います。くたくたになったスーツをいつまでも着ていることはしませんし、みすぼらしくなった靴をずっと履いていることもしません。お金を払う価値のある物をちゃんと見極める努力をしているということです。絶対に買わないと気張るのではなく、日頃は節約に努め買う時には買う、そうすることでストレスなく節約できます。

そして三つ目ですが、出費を減らすという意味でクレジットカードを使わないということです。クレジットカードは便利ですが、やはり財布の中にお金がなくても買い物ができるという点で、どうしても無駄な出費が増えます。仮に増えなくても、増えてしまう可能性が上がります。その可能性を潰すために、私はクレジットカードを固定費にしか使わないようにしています。