お昼に家にいないときなどの電気代の節約術

お仕事などでお昼に電気を使わない、夜に主に電力を使うような状況である時には、色々な方法によって電気代を節約することができます。

まずは、電気料金について時間帯割引を利用するといいでしょう。

時間帯割引を利用することによって、夜に使用する電気を安いようにすることによって電気代をうまく節約できるようにするといいでしょう。

こまめに電気をいじらなくても自動的に電気代が安くなるのもいいですよね。

もし、これに余裕があれば蓄電池なども購入して安い時間帯の電力を蓄えておくことによって、他に電力を分散できれば、更に電気代を安くできる可能性もあります。

また、お昼にいないときには待機電力が不要なものについてはどんどんコンセントを抜いたりしておくといいでしょう。

待機電力というのはそれだけでもかなり電気消費をしますので、こういったところをしっかりと電気を切っておくことによって節約がしっかりとできます。

 

あとは、昼間にちょっとしたソーラー発電ができるようなものを利用して充電が必要なものなどの電力を節約してみるのもいいでしょう。

ちょっとした工夫でかなり大きなレベルで電気代が大幅に節約できますので、大いに参考にしてください。

私の家族で力を合わせ行っている節約方法

私の家族では4年前から節約を行っています。節約の方法につきましては、私の家族では食費などでは節約する事に関しましては行いたくないとの意見もあり、電気代と水道代で節約を行っているのです。この方法としましては、子供たちにはそれぞれの部屋があるのですが、この部屋の使用を禁止しており電気代を節約しているのです。

これを行う事によって家族が一か所に集まり、電気を無駄なく利用できるのです。私の家族では電気代は1カ月5千円で何とかやりきる事を目標としていますのでそれを超えた場合に関しましては、子供のお小遣いを無しにし賄っているのです。この理由につきましては子供は良くテレビゲームをするのでそれを禁止する為にこの制度を取っています。

また、水道に関しましても蛇口を全開にする事も禁止していますし、お風呂に浸かった日に関しましてはそのお湯に関しましては、洗濯機に利用する事も義務づけておりますのでっそういった事に関しましても厳しく取り決めし節約を行っているのです。この事をきちんとやらす為にも家の中には、壁に張り紙なども行って一人一人が気を付けて行い、節約を行っております。現在でもきちんと節約されており今後も継続して行う事にしています。